札幌市東区にある学習塾 塾の介 代表の渡辺淳之介

札幌市東区にある学習塾 塾の介のブログです。勉強方法や塾の様子など。

絶対に無理は可能です。塾の介の春期講習

塾の介では奇跡という事がたびたび起こります。

 

学校の先生から合格できないと止めらた志望校に合格した。

期末テストで何点もアップした。

 

これらは本当に日常的に起こります。

 

 

それには理由があります。

圧倒的な勉強量があるからです。

 

1日最大で270分で週4回の学習塾です。

受験前、テスト前であれば週6日~週7日の時もあります。

 

生徒はもちろん大変です。

だからこそ大きく変われるのです。

 

本来は17時からの塾ですが、16時から塾が開くのをまっている小学生もいます。

(できる限り外で生徒が待たないように努力しています。)

 

彼らの1つ1つの努力が奇跡を作っていきます。

塾の介の春期講習は8日間で無料です。

ぜひご検討下さい。

詳しくは↓↓

zyuku.blogspot.jp

通い放題の塾って!? 札幌市東雁来教室と元町教室

札幌市元町にも学習塾 塾の介ができました。

卒業生や地域の方に応援された結果だと思っています。

 

さて、塾の介ですが勉強が苦手な生徒が勉強好きになる学習塾です。

 

心理学に基づく学習方法や脳科学に基づく学習方法など様々な工夫をしていますが、もっとも大切なのが・・・・

 

 

通い放題の個別指導です。

 

 

勉強が好きな人であれば、効率的な学習で週1回~週2回程度の通塾できる学習塾で良いと思います。残りは家で塾の宿題や学校の宿題をしっかりと計画的に学習すれば良いからです。

 

 

でも・・・

 

勉強が苦手な生徒は宿題ができない。

 

 

理由は様々です。

 

 

 

宿題する習慣がない。

宿題する環境がない。

宿題はしたいが回答できない。(わからないから空欄になってしまう。)

 

 

塾でわかっても、家で練習できない。

だから次に塾に来るまでに忘れてしまう。

 

この繰り返しを突破するのが、通い放題の個別指導です。

 

 

宿題はありません。

とにかく塾に来てください。

 

練習も塾で行います。できなければ指導もします。

どのような学習が必要なのかひとりひとりと向きないながらすすめていきます。

 

是非春期講習のページもご覧下さい。

zyuku.blogspot.jp

「何回でも指導します!!」って本当に良いこと 塾の介の指導方法

チラシはホームページで

「何回でも指導します。」とか

「わかるまでやさしく指導。」などの表記があります。

 

特に家庭教師や個別指導塾でも使われるセリフです。

もちろん塾の介でもチラシにも記載しています。

 

 

 

このセリフには1つ問題があります。

それは・・・・

 

 

 

 

何回も指導が必要ということは、

指導者が1回で生徒ができるように指導できていないということです。

 

 

 

 

わからない原因は指導者の技術不足、生徒の理解力、生徒の意識の問題など様々な原因があります。

 

本当に様々な理由があり、1つ1つ解決する必要があります。

 

 

 

 

本来の目標は「1回5分で必ずできるようにします。」

であるべきだと思います。

 

 

 

もちろん、塾の介でも何回も指導はいたします。

特に複数回の指導が効果的な場合もあります。

 

 

 

 

まだまだ冬期講習生徒を募集しています。

www.zyukunosuke.com

 

塾の介の冬期講習

11月の4週ですね。

冬期講習の面談、中学3年生の進路相談など授業以外でパタパタとしております。

札幌市東区はなぜか道路の状況が悪く、車を運転するたびに事故を見かけます。

生徒たちが安全に通ってくれることを願っています。

 

 

 

さて、塾の介の冬期講習は、学校の宿題を中心にすすめていきます。

中学生の場合には宿題から冬休み明けのテストが出題されることが多いからです。

テストがあると生徒たちもやる気があります。

もちろん焦りもあります。

 

 

 

だからこそテスト前こそ効率的な学習が大切です。

冬休みは夏休みに比べると短く、すぐに終わってしまいます。

 

是非、以下のリンクをご覧下さい。

www.zyukunosuke.com

 

札幌市東区で勉強が苦手な生徒の学習塾をお探しの方へ

学習塾 塾の介では2017年10月にHPを改訂いたしました。

 

学習塾 塾の介は札幌市東区東雁来にあります。

生徒の多くは、札苗中や札苗北中の生徒が多いですが、

札幌中、元町中、丘珠中、福移中の生徒も保護者の方の送迎やバスで通われています。

 

最大の特徴は宿題がないことです。

 

ぜひHPもご覧頂きご検討頂ければとお願いします。

www.zyukunosuke.com

 

何回も同じ問題をやる!!

「また同じ問題ですかぁ~、違う問題がやりたい!!」

「こっちの問題がやりたいです。」

「どこかやります。」

 

 

 

塾の介ではどの問題を解くのか、生徒と一緒に考えます。

それは他人に決められた内容より、自分で決めた内容の方が前向きに学習できるからです。

 

 

 

生徒と一緒に考えると上記の発言へとつながります。

「また同じ問題ですかぁ~、違う問題がやりたい!!」

「こっちの問題がやりたいです。」

「どこかやります。」

 

f:id:zyukunosuke:20170516140734j:plain

 

 

 

どの問題を解くのかはとても大切なことです。

しかし多くの生徒はこの大切さを知りません。

 

 

 

難しい問題はできなかった時にやる気を低下させます。

最悪の場合には「私はやっぱりダメなんだぁ~」と勘違いします。

 

 

 

簡単な問題であれば、自信につながらります。

ただ簡単な問題ばかりであれば成長につながりません。

 

 

 

特に中学生の1学期の数学は計算問題中心です。

基本的には、満点が取れるまで同じ問題を解くのがオススメです。

 

 

掛け算の九九と同じです。

掛け算の九九はもちろん同じ問題ですが、暗記しましたよね。

 

 

同じ問題だったら答え覚えられるのではないですか?

と生徒にも聞かれます。

しかし、答えを覚えられる生徒であれば、それもよりも先にやり方を覚えられるので他の問題もしっかりと解けるようになります。

 

 

 

計算はとにかく同じ問題を何回も解きましょう。

 

他の記事

zyukunosuke.hatenablog.com

 

zyukunosuke.hatenablog.com

 

 

ぜひ当塾のホームページもご覧下さい。↓↓

zyuku.blogspot.jp

計画的に学習する。

計画することは重要です。

それは勉強でも。

 

 

小学生のテストは多くの場合には、

「来週行います。」

「次の算数の授業はテストです。」

と教えられます。

 

 

 

そのために、学校よりも少し予習をしておくことが大切です。

なぜなら、テストまでに勉強時間がないからです。

習い事、塾や家庭教師などが都合の良い日程であること限らないからです

 

 

 

そして中学生の小テストや単元テストも対応は同じです。

また中学生の場合には、1つの学習内容の中で難しい問題があります。

数学の文章題であったり、理科の計算問題だったり・・・

 

 

また教科のバランスも大切です。

数学が苦手だから、数学を一生懸命学習して、他の教科の成績が落ちる生徒もいます。

数学が苦手だから、数学を全然勉強しないで、数学の成績が落ちる生徒もいます。

 

同じ数学が苦手な生徒でも、他の教科をバランスよく学習することが大切です。

長い学習をするのであれば1日5教科学習するようにしましょう。

 

1日、1日を目標に向かって計画的に学習することが大切です。

ぜひ当塾のホームページもご覧下さい。↓↓

zyuku.blogspot.jp

 

 

GWも計画的に楽しんで下さいね。