札幌市東区にある学習塾 塾の介 代表の渡辺淳之介

札幌市東区にある学習塾 塾の介のブログです。勉強方法や塾の様子など。

予習と復習を交互に行う。

札幌市東区にある学習塾 塾の介の渡辺です。

 

生徒は復習よりも予習が好きです。

学校の仲間よりも先に学習するという感じがいいのかもしれません。

 

だからこそ、予習と復習を交互に行いましょう。

 

数学の中学2年生であれば、

予習で計算を、そして中学1年生の比例に学習しましょう。

 

楽しい予習と、復習を組み合わせていきましょう。

 

もちろん、1つのことに集中したいという方もいます。

交互に行うのは好みもあります。

是非、一度試して見てくださいね。

 

ぜひ当塾のホームページもご覧下さい。↓↓

zyuku.blogspot.jp

 

学習スピードを変化させる。丁寧に問題を解く、早く覚える。

f:id:zyukunosuke:20170406004827j:plain

 

学習スピードに変化をつけていきましょう。

長時間の学習をしていると、どうしても集中できない時間があったりします。

 

そういう場合、もちろん休憩を取るのも1つ選択です。

休憩以外の選択肢として普段とは異なるスピードで学習することもできます。

 

いつもであれば20分かかるところを10分など半分にしてみましょう。

もちろん、普段よりも短い時間なので少し工夫が必要かもしれません。

その工夫も大切です。

 

もしくは、逆に40分のにしてみましょう。

もちろん、普段よりも図や表など細かい部分を暗記できるかもしれません。

その意識を広げことも大切です。

 

学習スピードは普通はそれほど意識しません。

だからこそ、そのスピードが本当に適正なのか考えることが大切です。

 

勉強すれば、その分勉強自体もうまくなっていきます。

 

 ぜひ当塾のホームページもご覧下さい。↓↓

zyuku.blogspot.jp

国語の読解を音読してみる

「先生!!何を書いているかまったくわかりません。」

 

昨日の小学生の発言です。

春休みの国語の読解の問題です。

物語を読んで、

 

「なぜ、○○したのですか?」

「何を持ってきたのですか?」

 

という問題です。

 

しっかりと本文(物語)を読めばできる問題です。

 

 

ただし、わからない生徒にどのように指導するでしょうか。

 

そこで1つの提案です。

しっかりと音読してもらうことです。

 

音読することで、スラスラとできるようになりました。

 

音読は本当に偉大です。

 

zyuku.blogspot.jp

 

 

札苗中学校、札苗北中学校の周辺にある個別指導塾

f:id:zyukunosuke:20170329011147j:plain

 

札苗中学校、札苗北中学校にある学習塾の料金を比較してみました。

 

個別指導といっても、講師と生徒のバランスで様々な指導方法があります。

料金が高いから、安いからと考えず、それぞれの教室の良い所と悪い所しっかりと比較検討することが大切だと思います。

 

 

 

塾の介では、成績を上げることを大切に考えています。

成績とは期末テストだけではありません。

宿題や単元テストも1つ1つ大切にしていきます。

 

 

 

 

多くの生徒が学校の宿題を塾内で行います。

それも時間が最大270分と無制限だからすすめることができます。

もし、時間がしっかりと決まっている場合には、学校の宿題はやりにくいですよね。

 

 

 

 

時間が無制限なので、講師数と生徒数の比は不安定です。

ただ、講師は2017年3月末で私を含め10名が在籍しています。

講師が不足にならないように準備をしています。

 

 

 

 

家庭学習の習慣がある生徒はオススメしません。

むしろ家庭学習の習慣がない生徒ほど、塾の介がオススメです。できるだけ来て頂いて学習してほしいと思います。

 

 

 

 

 

料金表を作っていく上で学習塾の費用は大変わかりづらいと感じてしまいます。

 

ただ教室維持費や暖房費って不思議ですよね。

スーパーやコンビニも冬は暖房を使っていますが、

暖房費として負担させれることはありません。

またテキスト代金がかかることは書かれているのに、料金は掲載されていないところばかりです。

 

 

作成した表はホームページやチラシから作成しました。

実際の数値とは若干違うところもあるかもしれません。

zyuku.blogspot.jp

中学生も春休みスタート

札幌市の中学校は今日が修了式でしたね。

春休みは2週間です。

 

夏休みや冬休みと比べると、

一瞬で終わってしまいます

 

この2週間を効果的に学習に励んでほしいです。

 

復習予習をバランス良くすすめましょうね。

 

復習は自分の苦手だったや不安な内容を進めていきましょう。

もちろん、苦手な所を学習するので、うまくいかないこともあるでしょう。

うまくいかない場合にはモチベーションが落ちる場合もあります。

そんな時は予習をしてみましょう。

 

中学2年生であれば、中学3年生の学習をしていきましょう。

一人で学習する場合でも書店でテキストを購入してみましょう。

(もちろん簡単な問題を選びましょうね。)

 

予習はこれから学習する内容です。

「これなら次の期末テストは楽勝だな。」

「来年度は期末テストの点数がムフフだな。」

と学習しましょう。

 

予習では難しい問題を全て飛ばしましょうね。

学校や塾の授業で解決すればいいので、難しい問題にチャレンジしてモチベーションを落とす必要はありません。

 

そして、予習の一番良いところは、

本当に復習が必要な所がわかる所です。

 

特に数学では、分数や小数の扱いで予習していても失敗する場合に直面します。

 

そういう時こと、戻ってゆっくりと復習しましょうね。

 

zyuku.blogspot.jp

 

 

成績が上がらないだけど・・・

3月19日は全員合格を祝って卒業パーティーでした。

 

たこ焼きは、クルクル回せるようになるには、

少し表面を焼いて回します。

 

すぐに回してはいけません。

じっくりと待ち、しっかり焼きます。

 

そして勉強も同じです。

 

f:id:zyukunosuke:20170323011823j:plain

 

成績が上がらない。

 

これって本当に大変です。そして辛い。

家族も辛い。

 

正直、簡単に成績が上がるのであれば、誰も苦労はしない。

高い費用をかけて塾に行く必要もない。

 

もちろん、成績が上がらない理由はたくさんある。

 

だけど、

 

多くの場合は必要な勉強量実際の勉強量が足りていないことが多い。

 

ここで成績を上げるためには、

 

学校の進度に合わせていく必要があります。

 

どんなに勉強ができるようになっていも、

次の学年の内容であれば成績に反映されません。

もちろん、一つ前の学年でも同じです。

 

学校の進度についていければ成績は上がります。

ただ、この学校の進度についていくのが大変なのです。

 

もし仮に学校の授業が100%理解しているAくんと、50%しか理解できないBくんがいたとします。

 

Bくんは家で一生懸命勉強して理解度を70%にしても、Aくんにはテストでは勝てません。それどころか、次の日は学校の授業が進みます。

もしまた、学校の授業で50%しか理解できないBくんはどんどん遅れていきます。

家で一生懸命に学習しても毎日30%ずつ遅れていくことになります。

 

Bくんが今のまま成績を上げることはとても難しいことになります。

 

ただし、成績が上がらない=無駄 ではありません。

Bくんは遅れる量を少なくしています。

 

このような状況では、勉強量をしっかりと意識する必要があります。

勉強量は時間ではありません。

 

1回の勉強でどれだけ理解できるか、どれだけ練習問題を解けるかが大切です。

勉強時間を増やすことができるのであれば、どんどん増やしましょう。

現実的に難しいのであれば、1時間当たりの練習量を増やせるように努力しましょう。

 

授業がない春休みの過ごし方が大切です。

 

zyuku.blogspot.jp

どうしても成績が上がらない!! その理由は・・・

どうしても成績が上がらない!! その理由は・・・

 

成績が上がらない理由は無数にあります。

 

(1)勉強する範囲が間違っている。

(2)勉強の仕方が間違っている。

(3)テスト範囲を学習する基礎がそもそもない。

(4)そもそも勉強しているつもりになっているだけ・・・

 

などなど、

 

 

ただ一番厄介なのは(4)の、そもそも勉強しているつもりになっているだけの状態が一番根が深いです。

 

 

学校の授業は、だまって椅子に座れば授業が終わります。

そして、同時にもう1つ厄介なことを学びます。

 

勉強に対する集中力です。

勉強のイメージは学校でも作られます。

そこで座っているだけでもいいという事を経験してしまうと、

自分だけでも同じように学習したり、個別指導でも上の空だったりします。

 

塾の介の講師には、

生徒と会話をしながら、生徒の目を見ながら指導するように教えています。

 

もちろん、勉強に対して集中していなければ、その分勉強時間が無駄になります。

そして、そのような経験をすると、自信を失い始めます。

 

「俺はバカだから・・・」

 

成績が上がらない場合には、集中力を保つ必要があります。

そこで1つ1つの目標を明確にして学習することが大切です。

 

札幌市東区東雁来にある学習塾 塾の介