読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌市東区にある学習塾 塾の介 代表の渡辺淳之介

札幌市東区にある学習塾 塾の介のブログです。勉強方法や塾の様子など。

勉強する環境を変えてみる~家で勉強できない理由~

「勉強する場所が間違っている!?」と考えたことはありませんか?

 

もし、家で勉強しようと頑張っているのであれば、勉強する場所が間違っているかもしれません。

 

家は子どもにとってゆっくりとリラックスできる場所だからです。

 

もし子ども部屋があれば、その部屋にはお子さんの物がたくさんあるはずです。

漫画、ゲーム、雑誌、テレビなど・・・子ども部屋で勉強しようとすれば、勉強の邪魔になるものに囲まれた状態で勉強することになります。

 

f:id:zyukunosuke:20161208123927j:plainf:id:zyukunosuke:20161208123958j:plain

 

だから多くの学生が家以外でも学習しています。

図書館、喫茶店、ファミレス、自習室など・・・

もちろん、学習塾もその1つです。

 

1、居間

 

そしてご家族が協力できるのであれば居間や食卓テーブルも検討してみてください。

 

居間や食卓テーブルであれば、スマホをいじることもできませんし、サボることもできません。

もし可能であれば保護者の方も読書をするなど静かな環境づくりに協力してあげて下さい。

兄弟姉妹がいる場合には一緒に勉強するのがオススメです。

 

 

「うちの子、家ではまったく勉強しないです。」

そんな子でも学校では授業を座って聞いているはずです。

なぜ学校では勉強するのでしょうか。

 

それは、勉強するという雰囲気があるからです。

 

級友は机に座り、黒板を見ています。

そんな中で席を立ち遊ぶことはできません。

 

勉強する仲間とその環境はとても大切です。

 

2、子どもの部屋を模様替えする。

 

居間での学習はオススメですが、家族の生活リズムを考えるとちょっと・・・という方には子どもの部屋を模様替えするのも1つの手段です。

 

勉強を中断させるかもしれないもの、漫画、ゲーム、スマホを子どもの部屋から出してしまう。もしくはダンボールに詰めてしまう。

 

人間はちょっと休憩のつもりで、

スマホをいじり、ゲームをして、漫画を読み、時間が過ぎていってしまいます。

 

ただ、居間に漫画がある場合には、部屋を出て取りに行かなければなりません。ダンボールに入っていればすぐには取り出せません。

 

そのひと手間が面倒なので、なかなか手が伸びづらくなります。

 

 

 

習慣を変えることがとても大切です。

 

家で勉強できないのには理由があります。

「勉強したくない」からと諦めるのではなく、「勉強したくなるようにする」には何が必要か考えていきましょう。

 

札幌市東区にある学習塾 塾の介

渡辺 淳之介

zyuku.blogspot.jp