札幌市東区にある学習塾 塾の介 代表の渡辺淳之介

札幌市東区にある学習塾 塾の介のブログです。勉強方法や塾の様子など。

次の日、もう一度まったく同じ問題をチャレンジする。

f:id:zyukunosuke:20170227134428j:plain

 

塾の介では3月7日の入試に向け、通常授業と自習室の運営を行っています。

自習室という名前ですが、しっかりと先生を配置しています。

2月26日は生徒15名に講師が3名でしっかりと指導ができました。

 

塾の介では、講師が演習といってやり方を教える指導方法はできる限り最小限にしています。

演習のイメージは大学などで50名~100名の生徒を1名の先生が教える指導方法です。

基本的に先生が主導していきます。生徒も大人数なので、理解できる生徒もいれば、理解できない生徒もいることになります。

 

塾の介では対話形式で進んでいきます。

講師がヒントや生徒がどのように考えたのかを聞いたりして進んでいきます。

時間はかかりますが、この対話形式の指導が大切です。

 

そしてどんな形式で大切なのは、

「1人でもできるのか?」

ということです。

 

そしてそれは実際に試す必要があります。

昨日の学習がしっかりと身についているのか、次の日にしっかりと確認しましょう。

 

塾の介

渡辺 淳之介

 

zyuku.blogspot.jp