読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌市東区にある学習塾 塾の介 代表の渡辺淳之介

札幌市東区にある学習塾 塾の介のブログです。勉強方法や塾の様子など。

勉強するのがめんどくさい

春期講習が終わり、入塾の流れもひと段落しました。

春期講習は生徒も講師もお互い緊張の中でスタートします。

 

特に生徒ははじめは素直で良い生徒を演じる場合もあります。

4月末からは自分の本音を話し始めます。

 

そこで出てくるのがこれです。

 

「勉強するのがめんどくさい。」

 

 

 

世の中にはめんどくさいことがたくさんある。

中学生にとって勉強はその代表のようなものでしょう。

 

 

 

勉強するよりも、

 

スマホをいじったり、

ゲームをしたり、

友人とお話したり、

 

楽しいことがたくさんありますよね。

 

 

 

 

実はめんどうだと感じることは、

 

とても大切なことなのです。

 

 

 

めんどうだと感じるのは、

 

その行動の必要性を感じていたり、

もうすでにやることを自分で決定している場合に感じるからです。

 

例えば、

 

札幌市の除雪問題、

少子化問題

日銀の総裁人事

 

について私はめんどうだと思いません。

それは、自分だけでは解決できないと思っていますし、

自分が解決する問題ではないと思うからです。

 

 

それよりも、

 

日々の生活の中で、

 

疲れている時の掃除、

友人との連絡

 

などをめんどうだと感じてしまいます。

それは自分で解決できる問題だったり、しなければいけないと思っているからです。

 

勉強するのがめんどくさい。

という場合は、

 

「勉強する必要性もあるし、これから勉強しますよ。では、やりたくないという気持ちもあります。」

 

ということです。

 

勉強するのがめんどくさいって感じることは、実はとても素晴らしいことなのです。

 

そして、その面倒だと感じる場合への対策がいくつかあります。

 

1、時間を決めてからスタートする。

なかなか始められない場合には、開始時間を19:30からやるというように時間を決めてスタートしましょう。

 

2、5分だけでやれる簡単な勉強からスタートする。

時間がかかる難しい課題はなかなかスタートしずらいです。簡単な問題や簡単な内容からスタートしましょう。学校の宿題が出ていればその宿題からスタートしたり、家庭学習からスタートしましょう。

 

3、音楽を聴きながらスタートする。

音楽を聴きながらスタートもオススメです。

 

 

めんどうだと感じる場合にはいかにスタートできるかが大切です。

逆に言えばスタートさえできればスムーズにすすむことが多いです。

なぜなら、勉強をする気はそもそもあるのですから。

 

ぜひ当塾のホームページもご覧下さい。↓↓

zyuku.blogspot.jp